モデルワムへようこそ

1/80 製品

モデルワム HOME > 1/80製品 > 東武 > 東武

東武

東武

東武50000系は、2004年に落成し、2005年(平成17年)から東上線系統で営業運転を開始した東武鉄道の通勤形電車です。2006年(平成18年)からは、半蔵門・田園都市線乗入れ用の50050系が営業運転を開始し、2007年(平成19年)からは、東上線系統で有楽町・副都心線乗入れ用の50070系が営業運転を開始したました。また2008年(平成20年)には、フライング東上の再来とも言うべき50090系が運用を開始しています。東武の顔とも言うべき8000系の後継車として地下乗入れ、地上運用に今後の標準形式になる車両です。 東武鉄道株式会社製品化許諾済

製品概要


東武鉄道 10030系の更新車です。

更新部分はスカート追加ボディサイドに車外スピーカー取付

パンタ1個撤去 先頭車に床下機器追加しました。

只今 リニューアル車6連完成品在庫ございます。

ご注文で未更新車も製造します。




O,T,T企画完成品クハ250

O.T.T企画の3210系です。残り少なくなりましたが快速の2連モハ3210+クハ250のブルー.ベージュは在庫ございます。

オレンジ,ベージュはご注文で製作致します。


3070系


只今の在庫は

3574+3674 ブルー現行色 2連

3173+3273+3373+3473ブルー現行色 4連

3573+3673 クリーム 2連


キット

  • 5100F
  • 51002F
  • 51051F~
  • 51071F~
  • 51091F~

51001F 東上線/地上用 1次車 キット


Illustlated by Yajuro Menuma

最初に東上線に登場した50001Fは、量産先行試作車の様な存在で、前面に貫通扉がなく、窓も1枚物でライトケースもフロントフェイスの下に位置しています。また、この編成は、東武東上線所属の車両では初めてワンハンドル式を採用しました。このために、搬入後乗務員の習熟運転期間が長期間設けられました。また同じく東上線に所属する車両としては初めて集電装置にシングルアーム式パンタグラフを採用した車両でもあります。貫通扉もありませんので地上線専用です。


50001   キット     仕様   10両セット  価格  \126,000(税込み)  備考  残少!       





51002 東上線/地上用 2次車 キット

Illustlated by Yajuro Menuma

51001Fに続いて登場した2編成目はややマイナーチェンジされ、貫通扉の追加、ライト位置の変更などにより、外観はその後の50000系列の標準的な前面に変わりました。車体寸法などの関係で地下鉄には乗り入れしません。


50002  キット  仕様  10両セット  価格  \126,000(税込み)  備考  残少!


51051F~51060F 本線/東京メトロ半蔵門線・東急田園都市線乗入用 1次車 キット

Illustlated by Yajuro Menuma

本線系統に登場した50000系列は、東京地下鉄(東京メトロ)半蔵門線・東京急行電鉄田園都市線直通列車用として製造されました。30000系が乗り入れ車両として稼働中でしたが、田園都市線内の激化するラッシュ時に中間の運転台が支障をきたしてしまいました。もともと汎用性を高く考慮していた30000系の思想が裏目に出ました。そこで、次期標準通勤車の50000系をベースに乗入れ仕様として製造されたのがこの50050系です。外観と仕様は50000系第2編成に準じていますが、乗入れ協定に基づき若干の変更点があります。まずは、車体幅が2,800mmから2,770mmになりました。そして、両先頭車に東武形ATS・東京地下鉄/東急形ATCの機能を1台に集約したATC/S装置を設置したこと。さらにサハ57050形の床下には半蔵門線用の誘導無線送受信機が設置され、妻面には誘導無線アンテナが設置されました。また、前面には運行番号表示器が設置されています。


50050  キット  仕様  10両セット  価格  ¥126,000(税込み)  備考  残少!


51071F~51074F 東上線/東京メトロ有楽町・副都心線乗入用 1次車 キット

Illustlated by Yajuro Menuma

東京地下鉄(東京メトロ)有楽町線、副都心線への直通運転に対応している系列です。外観や仕様は放送設備なども含めて50050系に準じていますが、随所に変更が加えられています。副都心線では小竹向原 - 渋谷間の各駅にホームドアが設置されているやめ、それに対応すべく先頭車の全長を130mm延長し、20,130mmになりました。車端部の側窓は2・9号車の車椅子スペース部2か所を除いて、全て開閉可能な下降窓になりました。両先頭車の床下にはATC/S装置の設置に加え、ATO装置と戸閉制御切換装置を、クハ50070形にはATO送受信装置(トランスポンダ)を搭載、また、誘導無線装置はサハ57070形に設置しています。


50070  キット  仕様  10両セット  価格  ¥126,000(税込み)  備考  残少!


51091F~51094F 東上線/TJライナー キット

Illustlated by Yajuro Menuma

2008年の東京地下鉄副都心線開業に伴い、併せて実施されたダイヤ改正に東上線で運転を開始した座席定員制列車「TJライナー」に導入された系列でです。基本的にこれまでの50000系列に準じていますが、車体には従来のシャイニーオレンジのほかに東上線のイメージカラーであるロイヤルブルーIIの帯と「TOJO LINE」(斜字体)が入れられ、一般車との識別性やスピード性を表現しています。車内の仕様は基本的にそれまでの各系列に準じていますが、関東の鉄道事業者では初めて座席に近畿日本鉄道の「L/Cカー」(5800系、5820系など)のようにクロスシートとロングシートとに転換できるマルチシート(住江工業製)が装備されました。貫通路側の3人掛け座席は転換装置を装備していませんが、背もたれ高さは他の座席に合わせられ、ひじ掛けも装備されています。本系列の側窓は車端部を固定窓とし、客用ドア間の大窓は2分割化、開閉可能な構造に変更されました。このため、屋根上の非常換気装置は省略されました。走行機器などは従来車両と同様ですがが、空気圧縮機は除湿装置一体形のパッケージコンプレッサ (ユニットCP) に変更しました。


50090  キット  仕様  10両セット  価格  ¥126,000(税込み)  備考  残少!


オプションパーツ

FS-908 非常ドアコック 10両分セット \3,780-(税込)


FS-910 フロントステップ 2両分4個入り \525-(税込)


IR-911 IRアンテナ 2個(1対) \525-(税込)


パンタ廻り配管 1両分 \4,200-(税込)


床下機器セット 1編成分 \(税込)


方向幕セット 1編成分 \-(税込)


Orico Webクレジット

Orico Webクレジットページへ

Orico Webクレジット

Orico Webクレジットページへ


pageTop